侮れぬドンキ、UMPCにも参入! 最も近いあのモデルと比較してみた

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を運営するPPIが27日、UMPC「NANOTE」(ナノート)を発表(PDF)した。

ドン・キホーテが発表したUMPC「NANOTE」
ドンキの「NANOTE」

7インチ液晶、そして液晶部分がくるりと回るYogaスタイル(ドンキはタブレットスタイル)といえば、OneNetbookの初代OneMix(本サイト記事)を思い出す。

OneMix
OneMix

スペースバーのところの光学ポインタといい、そっくりだ。そこでスペックを比べてみる。

ドンキ「NANOTE」とOneMixのスペック比較

ドンキ「NANOTE」OneMix
サイズ18.1 x 11.36 x 1.96 cm18.2 x 11.0 x 1.7 cm
外部端子USB3.0, Type-C, MicroHDMI, MicroSD, イヤホンUSB3.0, Type-C, MicroHDMI, MicroUSB, MicroSD, 3.5mm jack
CPUAtom Z8350Atom Z8350
RAM4GB8GB
ROM64GB, eMMC128GB, eMMC
画面7インチ、1920×12007インチ、1920×1200
画面の開度タブレットスタイルYogaスタイル
バッテリー5000mAh6500mAh
OSWindows 10 HomeWindows 10 Home
重さ520g515g
その他Wifiはb/g/nのみ。全面0.3MPカメラキーボードバックライト、スタイラスペン付属
価格19800円(税抜き)459.99ドル(プレセール)

そっくりだと思ったが、筐体がわずかに違う。縦横は誤差の範囲と思えるが、厚さが有意に違う。筐体の大きさは、金型や組み立てに大きく影響するので、ここが違うということは、OneMixと同じ金型・組み立て工程ではないということか。

それ以外では、外部端子、液晶、CPU、OSといったところが共通。

ドンキUMPCでは、RAMやROM、バッテリー容量、Wifi周りに明らかな「劣化」が見られ、このあたりでコストカットしているようだ。

OneMixよりCPUがましな初代GPD Pocketユーザとしてみれば、この値段でもとてもドンキUMPCを買おうとは思えない。ウェブブラウジングやメール、簡単なテキスト編集ぐらいは何とかなっても、Wifiの貧弱さも相まってYouTubeでも処理落ちしそう。タブレットスタイルを生かして電子書籍端末にもなれそうだが、そうなるとROMの少なさが、microSDで増強できるとはいえ心もとない。

かといって、安さと手軽さで、新型コロナによる「巣ごもり」の子ども用勉強端末になるかといえば、まずキーレイアウトが初心者殺しの変態のため、お勧めしづらい。

結局、これまでのUMPCと同様、「変態端末」好きが安さを生かして2台目、3台目として買うというシーンしか思い浮かばない。あまりにも狭すぎるターゲットだ。独自性や「これは」というウリが、価格以外になく、とすれば、価格で買うという選択肢しかない。

たとえばバッテリーだけはもっと積んで、「いざとなればPCにもなるモバイルバッテリー」として売った方が需要はありそうだけど。どうでしょう、ドンキさん。

And One More Thing...

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です